βグルカン豊富な「ハナビラタケ」を通販でお届け。生、粉末(パウダー)、サプリメントなどニーズに合わせた「ハナビラタケ」をご用意しています。

しんちゃんEC実践会第6回(最終回です)

  

きのこやしんちゃんです。

2月より始まったEC実践会も22日で第6回目、最終回です。

ECでのブランディングからマーケティングまでとにかく、今の自分達に必要な学習が盛り沢山でした。

20150722

今日は、リピーター獲得のための接客方法などでした。

弊社のホームページもリニューアルし1ヶ月。

サイトを訪問して頂いてはいますが購入までには至っていません。

乾燥パウダーのラインナップも準備中で、どんどん変化しヴァージョンアップしたいものです。

会員様を獲得するための方法も思案中です。

 

今日水上先生の話の中で特に印象的な言葉。

「頭に汗をかく」

お客様にどうやって喜んでいただくかを起きている間中考える。

ただし、〇〇しなければならないではなく楽しみながらでないと続かない。

 

何時までではなく、ずっとこの思考が続かないとダメなんですね。

店舗、人、商品への共感がなければ楽天、アマゾンに勝てません。

魅力ある人間がこれからの時代は勝つのだと思います。

半年の間に色々学びました。

ECの世界は今や不可欠で、尚且つ高度化し、進化し続けています。

が、今やらなければどんどん取り残されてしまうのでしょう。

2月にてくてく、しうさんより紹介頂いて小久江さんと知り合い、水上先生の講義を受けられたこと、本当に感謝申し上げます。

人づてに広がるつながりの大きさを感じた半年です。

 

きのこや松下はまだまだ大きくならなくてはなりません。

こんなに素晴らしい「はなびらたけ」を世の中の人々に知ってもらわなくてはなりません。

自分たちの義務でありミッションです。

パッションを持ち続け、お客様の喜びを感じ、幸せな売上を目指します。

第7期の実践会は終了ですが、自主勉強会は続きますし、1年後にはまた講習を受けたいです。

 

 -きのこやしんちゃん日記, 日記, , |from しんちゃん

  関連記事

no image
伝えること

言葉で伝えることって、とでも大事なことですね。 それが、お客さんであろうとも友人であろうとも、そして大事な家族に対しても。 今あるこの生活に感謝していても、言わなければ感謝していないのと同じなのです。 …

成人式!

こんにちは、きのこやしんちゃんです。 今日1月9日は成人の日です。 全国の二十歳の皆様、おめでとうございます。 二十歳を過ぎると一般的に大人とみられる事になります。 他人に迷惑をかけなければドンドン、 …

きのこや松下 第8期終了

きのこやしんちゃんです。 今日が弊社の期末です。 今期はなんとかしのいだなぁッて感じです。 今期の目標は、「はなびらたけの増産で多くのお客様に満足を得られるように」でした。 ちょうど一年前は、事業拡大 …

おーい 竜馬

【ようやく 幕末の英雄坂本龍馬の生き様を少し知りました】 きのこやしんちゃんです。 私は、今「はなびらたけ」を栽培しているきのこ職人でありますが、 歴史が好きな人間でもあります。 子供の頃読んだ伝記、 …

食べるもので身体は出来ている

菌「はなびらたけ」のチカラで世の中の皆様を元気にする! きのこ職人、きのこやしんちゃんです。 【食べるもので身体は出来ている】 昔から妻の口ぐせでした。 結婚する前、栄養の勉強をしていましたので、 食 …

お弁当づくり

きのこやしんちゃんです。 典道、照。二人の息子が飯田ボーイズに所属して野球に取り組んでいます。 春休みの今、1週間の特別講習の最中です。 連続9日間の練習が続きます。 朝から、夕方日が暮れるまで、お弁 …

女性100人会議 いってきました!

13日、土曜日にはなびらたけ応援団長こと「よっちゃん」と 私 あーちゃんの2人で女性100人会議に参加してきました。 今回、私にとって初めてのイベントでしたが きのこや松下の代表として参加させていただ …

柵越えホームランを目指します!

きのこやしんちゃんです。 一昨日、息子の所属する硬式野球チーム「飯田ボーイズ」の歓迎会が市内の焼肉店でありました。 息子は昨秋より「飯田ボーイズ」に所属し野球に取り組んでいます。 焼肉を食べ一息ついた …

速読思考 角田和将著

3月に入り、春らしい空気を感じるようになりました。 春が待ち遠しいです。 きのこやしんちゃんです。 速読思考という本を読みました。 先日、ネットで目に飛び込んで来てすぐAMAZONで購入した本です。 …

ハナビラタケをアピールしてきました。食育研究協議会にて

きのこやしんちゃんです。 19日に、下伊那教育会館にて食育研究協議会が開催され、講師としてハナビラタケ栽培への熱い思いを語らせていただきました。 その日は、各校の食育担当者や栄養教師給食主任の皆さん3 …

PAGE TOP