βグルカン豊富な「はなびらたけ」を通販でお届け。生、粉末(パウダー)、サプリメントなどニーズに合わせた「はなびらたけ」をご用意しています。

しんちゃん冬でもハナビラタケ出来るのですか?

  

おはようございます。

きのこやしんちゃんです。

ハナビラタケをいつも購入してくれる近所のおばさまとの会話の中で

「ハナビラタケって冬でも出来るの?」

と聞かれました。

自然界に自生するハナビラタケは6月~9月にかけて発生します。

つまり、夏のきのこなんです。

写真 2015-12-17 23 03 11

「キノコ」ってイメージは秋の食材!と思われがちですが、ハナビラタケの旬は夏なのです。

そのことを知っていた近所のおばさまでしたので、「こんな寒い冬に作れるのかしら?」

と思ったそうです。

1月の終わりといえば1年で一番寒い時期です。

この信州でも、連日最低気温が-5℃付近で、先日の寒気のときには‐9℃でした。

栽培舎の内気温も当然下がるわけで、冬の間は暖房で温度を維持できるようにしています。

夏キノコであるハナビラタケは20℃付近が成長に適していると思います。

夏であれば20℃を十分保てるのですが、寒い冬では室内温度が17℃になることもしばしばです。

17℃になってしまうと成長が遅くなってしまいます。

と同時に乾燥気味になってしまうためキノコが乾きやすくなります。

人のお肌と一緒でキノコにも潤いが必要です。

IMG_2388

超音波加湿器にてモワッとした環境を作り出しているのです。

冬のキノコづくりは神経を使います。

暖房と加湿のバランスを程よく保ちながら生育の影響が出ないように気を配っています。

栽培舎はもともと、温度を維持できるような構造をしていますので、

ハナビラタケでも1年中作れるのです。

IMG_2387

夏キノコでも1年中食べられる「ハナビラタケ」

皆さん覚えておいてください。

 -育成日記|from しんちゃん

古い記事<
はるか蜜柑
新しい記事>
繋がりの時代

  関連記事

no image
栽培部屋掃除しました

はなびらたけは胞子をたくさん飛ばします。 もう収穫適期だよと教えてくれているサインでもあります。 どんなきのこでも子孫を残すために胞子を飛ばしているのですが、ハナビラタケの胞子量は、以前作っていたエノ …

はなびらたけの芽出しです

昨日、栽培舎内の台車移動をしながら気付きがありました。 やけに、はなびらたけの芽出しの良いロットがあるのです。 はなびらたけを栽培し始めて9年目になります。 良いはなびらたけを作るのにまだまだ、試行錯 …

はなびらたけ 生産工程 仕込み

はなびらたけ生産工程仕込みです。 ミキサーで十分に撹拌できた培地を菌床袋に充填します。 1.2㌔用菌床袋の専用詰め機です。 スピードも調整できる機械で、1時間に600菌床程度出来ます。 現在は、共同作 …

no image
”はなびらたけ”とは

きのこやしんちゃんです。 今日は、はなびらたけについて語ります。   はなびらたけとは 白い葉牡丹状の大型のきのこで10~20cmくらいの大きさで、大きいものだと30cmを超すものもある。 …

ハナビラタケの可能性

今、ハナビラタケの可能性という本を読み返しています。 8年前にハナビラタケ栽培を開始した時に購入した本です。 現役の開業医である、愛知県在住の小澤博樹院長が書いた本ですので、医者としての立場からハナビ …

はなびらたけ 生産工程

はなびらたけは、他のきのこと同じようにオガ粉を使います。 長野県産のカラマツを一定の粒子に整えて製造したオガ粉を仕込みに使用しています。 年に何回か放射能検査も行っており、オガ粉に問題はありません。 …

no image
共同培養5年経ちました。

おはようございます。 今朝は、朝から雨降りです。 末っ子の社会見学の日で、残念ながら雨の中出発です。 九州南部が梅雨入りしたとの事ですからしょうがないですね。   さて、上郷の北原さんの施設をお借りし …

トラックのトラブルです。。。生産工程 培養編

きのこやしんちゃんです。 トラブル発生です。 共同培養で使用している2tトラックのエンジンがかかりません。 おそらく、燃料ポンプの不良かと思われます。 2ヶ月ほど前より、たまにエンジン停止をしていまし …

はなびらたけ 製造工程 接種

培地を殺菌した後、接種室にて培地を冷まし接種作業です。 この工程がきのこ栽培で一番大事な工程です。 はなびらたけ栽培を開始した当初は、菌床にひとつひとつ手動で種菌を付けていました。 その為なのでしょう …

PAGE TOP